忍者ブログ
宮島信二からのお知らせ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

悲しい出来事を含め、周囲で予期せぬさまざまなことが起こり、いろいろと考えさせられたこの一年。
最初は、自身の新曲を作るペースが落ち、ライブにも積極的になれなくなった自分に対して焦りも感じたが、今はそれも悪くないと思っている。

そう遠くない日、自然な形でメロディを奏でて言葉を生み出し、マイクと観客の前に立てる時が必ず来る。
そのために今は、日々の出会いや創作・思索を通して経験を積み、感性を高め、人としての深みが増すような瞬間・時間を大切にしたいと思う。
PR
忙しいと今の生活圏外にいる友達と会える機会が少なくなる。

Twitterをしばらくやっていたが、Facebookを始めてみるとそちらの方が扱いやすく気に入った。
友達との近況報告、コミュニケーション、情報交換の機能として便利だ。

これを見てる友人各位、気が向いたらぜひ!いつでも友達リクエストに応じます。
ファンの方でも大歓迎です。
音楽を作り続けてきたこれまでの長い歳月の中で、ビートルズを皮切りに、
その時々、多大な影響を受けたアーティストたちがいる。

バリー・マニロウもその一人だ。
「哀しみのマンディ」をはじめ、いま聴いても全く色褪せない名曲の数々。
改めて聴いてみると無意識ながら、自分の曲作りへの影響力を実感する。

久々に、2005年にラスベガスでやったライブ映像を観て鳥肌が立った。
もう60歳を越えてるであろう彼のパフォーマンスと歌に脱帽。
久々の書き込みになってしまった。

気づくともう2月も半ば。
日々やるべきことを淡々とこなしているとはいえ、
2011年、このペースで月日が流れていくことに、正直なところ
「何かデカイことをやらなきゃ」と、唐突に考えてしまう焦燥感もある。

まずは引っ越しして、一人暮らしでも始めるか…(笑)

昨夜はAとじっくり飲んだ。二人で飲むのは久々だ。
いつもロックな彼と飲むと、元気がもらえる。
結局、二人の結論は、「目の前にあること一つずつ、真摯に取り組むしかない」
ということ。

やはりそれしかないね。
ついにハーモニカ横丁のあまり話したこともない若いスタッフから、「横丁の重鎮」と称されてしまった。

これまでの経験上、だいたいそういう風な立場になると他の客から媚びられるか、疎まれるものだ。実に面倒くさい。

これまでも基本的に一人で飲みながら歌詞を考えたり、思索や読書をしながら、たまに店のスタッフや常連客と言葉を交わす程度だったが、
これからは従来に増して目立たぬように、大人しく過ごすことにしよう。

最近、盛り場という場所は、ある意味で人間の剛や欲が渦巻くコミュニティだとつくづく思う。


そこが煩わしくもあり、面白くもある。
カレンダー
08 2016/09 10
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Shinji Miyajima
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]