忍者ブログ
宮島信二からのお知らせ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本当に月日の流れが早い。ちょっと焦りを感じてしまうほどだ。
目の前のことを一つずつこなしている中で、大きな変化があまりないからか。

それとも
曲を作る行為は、生きた証を確かな形として残すことでもあるが、
最近、納得いく曲がなかなか書けないからだろうか。

ある程度のスパンで、何か目標となるフラッグを立てて、それを確実に達成するといったやり方も、
停滞感のあるときには必要かもしれない。


昨夜、ハモニカキッチンで葉山在住、某大手広告代理店のアート・ディレクターが隣りに。
仕事でも共通項があるせいか、初対面にもかかわらずお互いのライフスタイルも含めて、いろいろ話をした。
こうしたちょっとした出来事が、次のチャレンジへの駆動力になることもある。
だからハモニカ横丁は楽しい。
PR
狭い活動範囲でも、一つのライフスタイルができれば安息の地に。
最近、久我山、吉祥寺、下北沢(井の頭線沿線)といった、
いわゆる地元でのみプライベートな時間を過ごしている。
何をするにせよ、帰るのがラクという理由もあるが、
結局、一番自然体になれてリラックスできるのだと思う。
保守的と言われればそれまでだが、人生にも攻める時と、守る時がある。


「グリーンフィンガーズ(2000年)」を観た。
囚人たちがフラワーガーデン作りのコンテストに出るというコメディ映画。
同じ土俵に上がれば、その人の過去もバックボーンも関係なく、その瞬間が全てだ、
というメッセージをもらった。
8日のイベント後も休みなく仕事だが、今週は周りが休みのため、
ペースが乱される電話もメールも少ない。
おかげで静かな気持ちで過ごせている。


ここのところTVでは、
終戦記念日が近いため多くの関連番組が流れている。
それを観るにつけ、プロパガンダの恐さと、扇動される人間の弱さを感じる。
その弱さは65年を経た現代でも同じだ。
ライブをやるというアグレッシブな気持ちより、
イベントを仲間たちと楽しみたいという想いが強い。
会場の表参道に向かう電車の中は、
夏休みの昼下がりの風情だ。
8日は20年来のAオリジナルメンバーでのライブ。
出番は少ないが、そこにプロパーではない自分が
一人加わることを嬉しく思う。

当日は大学時代からの親友・木村直樹への思いや、
自身の一つの区切りとして、意義深い時間を過ごしたい。
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Shinji Miyajima
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]